今日は、リンクスタディエースのオンライン授業の良さについてお伝えします。

コロナ過で、急速にオンライン授業対応の塾が増えていますが、

それでも直接教わる方が良いと思っている保護者の方や生徒さんは多いのではないでしょうか。

確かに、直接顔が見える良さというのはあります。

けれど、実際にマンツーマンで

オンラインで授業を行ってみると、良いことが多いのです。

まず、他にも生徒がいる環境ではやりにくいアウトプットの勉強法を必然的に行います。

英語はオンライン授業とは相性良いだろうと言うのは予測できていました。声に出して英文を読んでもらう事が抵抗感なくできます。

数学はどうかな?と始める前は少し不安でしたが、従来でしたら、ただ問題を解いて〇×つけて講師が解説。という流れでどんどんすすめていきますが、オンライン授業では間違えた問題、場合によっては正解したところも、生徒にどのように問題を解いたのか説明してもらいます。

国語は音読をしてもらいます。小学生の頃にやっていても、中学生以上になると、ふだん音読はなかなかやらなくなってきます。国語が苦手な生徒は、読むこともあまり得意ではありません。最初は読み間違いが多かった人も、毎回音読をしてもらうと、読み間違いが減ってきます。漢字を間違えて覚えてる場合も確認できるので指摘して覚えてもらいます。

勉強は、インプットだけで長時間やっていても、かけた時間の分だけ学力があがるわけではないのです。

もちろん、覚えるためには時間も必要です。

ただ、時間をかけた学習を確実に自分のものにするためには、アウトプットが必要です。オンオフの切り替えも必要です。

そういう事も含めて丁寧に指導できるのは、講師+担当者制にしている「オンライン家庭教師リンクスタディエース」ならではと自負しています。